FAVO 零【ZERO】

ハイクラス
高気密高断熱注文住宅

コストパフォーマンスの高い
素敵なお家が叶います!

アイフルホームの高気密高断熱の家は「これからの家」
を通して温度差が少ない、いつでも快適な室内温度が保てます。家中まるごと快適高気密高断熱の家!地震に強く安心・安全の住まい環境が叶います。

アイフルホームの
高気密高断熱住宅
FAVO 零

「冬は暖かく、夏は涼しい」

Q.FAVO零ってどんな家なの?

A.高気密高断熱の家です。

Q.高気密高断熱の家ってどんな家?

A.高気密高断熱住宅とは、隙間を減らし、断熱性能を高めることで外気温の影響を受けにくくした住宅のことです。
夏は涼しさ・冬は暖かさをそれぞれキープでき、1年中快適に過ごせるでしょう。

国としても環境問題の施策として省エネ基準を満たす住宅を推進しております。
そのためには「高気密・高断熱」を意識したお家づくりをする必要があります。

高気密・高断熱のお家は、精度の高い建築材や断熱材、気密テープなどを使い断熱性能を高め、できるだけ隙間がないようにつくられるのが特徴で、一般的な住宅と比べて建築費が高めです。しかし、コストがかかる分、部屋の中の温度差が無いなど生活をするうえでのメリットもたくさんあるのです。 

 

【高気密高断熱の家のメリット
①光熱費を削減できる

高気密・高断熱のお家は、室内の空気が外へ逃げにくく、冬の寒さや夏の暑さの影響を受けることも少なくなります。

エアコンや暖房器具などを使用しても最低限の稼働で済むので、光熱費を削減できるわけです。

②快適に暮らせてヒートショックの予防にもなる

さらにお家全体の温度差が少なくなるので、ホテルのような快適空間を実現させることができます。

冬場に廊下や洗面所、トイレなどが寒いと感じることも少なくなるでしょう。

急激な室温差が原因となって発症するヒートショックのリスクも軽減されます。

③掃除の負担を減らせる

お家全体の温度差が少なくなることで生まれる副産物もありまして、実は掃除の負担を減らすことができるのです。
室内の壁表面温度が均一だと、空気の対流による静電気が発生しなくなり、壁にホコリが付きにくくなります。

天井近くの壁などはホコリを取るのも一苦労で、放っておくと黒ずみになってしまうことも。
それらを取り除く頻度を大幅に減らせるのは、メリットと言って差し支えないでしょう。

【高気密・高断熱住宅のデメリット】
①壁内結露のリスクが高まる

一方で、高気密・高断熱のお家にはデメリットや注意点もあり、そのうちのひとつは壁内結露のリスクが高まること。

壁内結露は、壁に断熱材を入れる際、柱と断熱材の間に小さな隙間ができることで発生しやすくなります。

この作業は手作業でおこなう必要があり、どうしても施工ミスが起きやすいので、リスクを最小限に抑えるためにも、高気密・高断熱のお家づくりに慣れているハウスメーカーに施工を依頼しましょう。

②ハウスダストへの対策が必要

外気の影響を受けにくいということは、裏を返せば室内に空気がこもりやすいということです。デメリットとして、発生したハウスダストが室内に長時間留まる可能性があります。とは言え、2003年以降に建てられた住宅には24時間換気システムの設置が義務付けられるようになりましたので、意図的にこの換気システムを停止させなければ問題ありません。

③建築時にコストがかかる

高性能断熱材や気密テープを使用するため、その分普通の住宅と比較するとコストがかかってしまいます。ただし、コストの差はメーカーによってまちまちです。初期費用こそかかりますが毎日住む家が快適な環境となり、また省エネにつながるため、光熱費削減のための対策であると考えると、コストがかかると一概には言えません。

 

【特徴1】
ハイクオリティパネルで
安心・安全の
高気密高断熱の家を実現

高気密高断熱を実現する
アイフルホームオリジナル部材
HQP(ハイクオリティパネル)とは?

アイフルホームでは、「ネオマフォーム」(HQP)と呼ばれる断熱材を使用しております。

世界最高レベルの0.020W/(m・K)で、他の断熱材と比較しても、圧倒的な断熱性能を誇ります。

熱に強く燃えにくい。これは主原料であるフェノール樹脂の特性です。

HQP(フェノールフォーム)は、炎を当てても炭化するだけで燃え上がることはありません。

さらにアイフルホームでは施工のムラをなくすために、構造用面材と高性能断熱材に粘弾性体を一体化した高性能断熱パネルをつくり、HQP(ハイクオリティパネル)として断熱材に使用しております。

高い断熱・気密性能と「耐震+制震」性能を発揮します。また構造設計に基づいてHQPは工場にて加工され現場納品されます。
そのため施工者の熟練度によるバラつきを抑えて、かつ工数を削減され確かな施工品質を低価格で平準化されます。

アイフルホーム独自の木質断熱部材『ハイクオリティパネル(HQP)』の使用により、高い断熱性能と気密性、そして施工性の向上から高コストパフォーマンスによる価格の低減を実現いたしました。

【アイフルホーム独自の構法】

 

 

【特徴2】
アイフルホームは全棟、気密測定を行います

 気密性をどう確保しているの?

住宅の「気密性」とは、住宅の隙間をなくして室内の空気をどれだけ住宅内に閉じ込めることができるか、という性能のことです。 

気密性の高い家は室内と室外の空気が分断され、室内の空気が外に漏れにくく、室外の空気が室内に入り込みにくくなります。
計算床面積1㎡あたりどのくらい隙間があるかを「㎠/㎡」という単位で表し、数値が小さいほど気密性が高く性能が良くなります。
但し、完全には遮断できない為、1㎡当たりのすき間相当面積が1c㎡以下であることが目安とされています。

FAVO零は0.52c㎡/㎡相当を基準とした設計で、より気密性の高い品質で作られます。
(0.52c㎡/㎡相当は基準の数値であり、プランや大きさによって異なります。あくまで目安としての数値となりますのでご了承ください)

 

アイフルホームは全棟、気密測定を行います!
アイフルホーム独自の高い断熱性能と気密性能を実現を実現します!

 

【特徴2】
「耐震+制震」で
繰り返しの地震に強い
安心・安全の
高気密高断熱の家

FAVO零は制震構造が標準仕様です

「品確法 - 住宅の品質確保の促進等に関する法律」の中で、住宅の性能に対し、客観的に評価を受ける事が前提となっているのが「住宅性能表示制度」。
耐震性・耐久性・遮音性・耐火性などの10の項目を共通の基準で評価し「等級」で表示しています。

「耐震等級3」は、耐震基準を表す最高等級です。構造の安定(耐震等級)の最高等級を実現しました。

アイフルホームは全棟「耐震等級3」相当を実現します

「構造の安定」(構造駆体の倒壊等防止)の項目は地震などの外力に対して、その住宅が倒壊や損傷に耐えうるレベルを表します。アイフルホームはこの項目において「耐震等級3」相当の性能を実現しています。

アイフルホームが基準にしているのは「耐震等級3」相当の設計。一邸一邸のプランを構造設計CADシステムで検証、住まいの安全性を確かなものにします。

等級3は、国土交通省の住宅性能表示制度・耐震等級における最高等級であり、数百年に一度発生する地震(東京では震度6強から震度7程度)の1.5倍の地震力に対しても倒壊しないレベルを表します。

 構造強度を高め、地震に強い住まいを

土台・柱・横架材を構造用ハイベストウッドで一体化構造用合板などを利用し剛床とすることで全体を一つの箱にし壁面全体で外力を受け止め、すぐれた耐震・耐風性能が得られます。

 

アイフルホームは繰り返しの地震にも強く、安全・安心の住まいを実現します!

 

FAVO 零【ZERO】は
アイフルホームの
ハイクラス高気密高断熱
注文住宅です

 

 高気密高断熱をしっかり考えたプランをご提案

アイフルホーム加盟店として2,250棟の実績をもとにお客様のリアルな現実の生活を考えた動線で5組に3組が選んでいるプラン等…人気間取りを厳選しております。そのプランを元にヒアリングをさせていただきましてご要望をお入れすることで自由設計のプランができます。  

画像

画像

 

画像

画像

 

高気密高断熱の家は換気システムが大事です

換気システムは、窓を開けなくても換気装置を使用して強制的に室内の空気の入れ替えができるシステムです。

建築基準法により設置が義務づけられているため、2003年以降に建てられた日本の新築の住宅には必ず設置されています。

FAVO輪では、ダクトレス第1種換気システムを標準設定しております。

省エネと施工性を重視した換気システム。最大温度交換率91%です。

熱交換換気の光熱費削減のメリットにプラスしてダクトレスのメリットが加わった新世代の換気システムです。

 

熱交換型の換気システムを入れたいけれど、屋内のダクティングの費用がかさむ...。

セントラル型の換気システムはリフォームだと大規模な工事になるのでハードルが高い...。

必要な部屋に必要なだけ入れられればいいのに...。

ツイン・エアー・フレッシュはそんなお客さまの声にお応えした、屋内の面倒なダクティングを必要としない、画期的なダクトレス熱交換換気システムです。2台一組で稼動する事を基本とした、プッシュ&プール方式です。

日本市場向けに100V電圧に対応し、南北に長い日本特有の多様な壁厚に柔軟に対応できる伸縮式のダクト、高温多湿な日本の気候に合わせた全熱交換式の熱交換素子を使用しています。

熱交換の仕組み

基本的に偶数台設置し、1台が給気の際、もう1台が排気の役割を果たし、約70秒ごとに役割が交代します。

LT50ーProは付属のリモコンで親機のみを制御します。親機に送られた命令は自動的に子機に伝達されます。

(最大10台まで)LT-50Ecoは専用のコントローラー1台で本体2台を制御します。

 

LIXIL高性能水まわり設備


アイフルホームは日本最大級の住宅建材メーカー「LIXILグループ」の一員です。LIXILの商材をグループ特価で仕入れ・販売できます。

LIXILグループであることを活かしお求めやすい価格を実現しています。

全国約180店舗分の資材を大量・一括購入しコストダウン!高品質な家を安く提供できる理由がここにあります。

水まわり設備の保証も万全です

住んだあとも安心の設備機器保証もついております。

 

アイフルホームと言えば
子育て世代の家づくり
「キッズデザイン」

アイフルホームではユニバーサルデザインの原点を実現する家づくり子ども目線の家づくりを目指しています。

アイフルホームのキッズデザインは大切にしたい家族の絆、子どもの好奇心や感受性ゆとりを作る家事効率を考え家族みんなの笑顔が生まれる家づくりを提案します。

 

10年連続キッズデザイン賞受賞
子育て家族に選ばれる安心・安全の家。

 

次世代給湯システム導入

ガスと電気のハイブリットでエネルギーの消費効率を極めた給湯システム「ECO ONE」をビューアイフルホーム独自で導入しております。

オプション仕様となります。

                            

 


※ガス会社は指定のサイサンガスさんとなります。 

 

高耐候「光セラ」外壁材

晴れの日も雨の日も、光触媒が汚れをセルフクリーニング

どうせ建てるならキレイが保ちやすい方が良いですよね。

さらにライフサイクルコストも考えてビューアイフルホームは光セラ外壁を標準採用しております。

 

今、建てる家が明日も未来もずっと良い家であり続けること。
今、求めている暮らしがこれからもっと豊かで健やかになること。
あなたと家族の幸せがいつまでも続く新しい家づくりを。

 


 

ページトップへ